『アナログでいい』と諦めてた私が、ブログとSNSを初めてからの備忘録

頭でグルグル考えて、方向性がわからなくないなら、とりあえず今書けるものを1つ1つ書いて、手足を動かしてみよう。

こんにちは、愛弓です。

ブログを書くのって、けっこう時間がかかりますよね?

『あれも書いてみたい』『これも書いてみたい』って書きたいものが増えるほど、かかる時間は無限大…


『まずはこれを書こう』と1つに絞り込めたり、もともとかけるものがなくて、必死に絞り出したものなら、もしかすると、もう迷いなんてないのかもしれないですね。

でも、『あれも』『これも』って考えてると、『どれから書けばいいんだろう?』とか『やっぱ、こっちよりあっちの方が…』とか、よくわかんなくなっちゃうんですよね。


『まずはこれを…』って1つに絞り込んでいたとしても、それが大事なものであるほど、『本当に、これで表現できるのかな? 伝わるのかな?』って不安になったり。

『ぜんぶ書けるかな?』『満足のいくものができるかな?』『こんなこと書いたら、誰かを傷つけたり、批判されたりしないかな?』なんて考えちゃったりもします。


不安で不安で、どこに向けていいのかわからない感情を誰かにぶつけてしまったり。

答えのない質問や、他人には答えようのない質問を投げかけては、『誰も答えを教えてくれない』なんて思うこともあるかもしれません。


でもね、もしかすると、それって答えのない場所で、思考だけで考えてるからかもしれないなって思うんですよね。

頭ばっかで、手足が動いていない。そんなバランスの悪い状態なんじゃないかなって。

先のことを考えることも大事です。

でも、先のことばかり考えすぎちゃうと、結果がわからないものだから、不安が生まれて、いつのまにか不安ばかりが膨らんじゃったるもして、行動に移せなくなっちゃうんですよね。

だから、考えても答えが出ない時には、1度考えることをやめて、手足を動かしてみることも大事だなって。


ブログに関していえば、先のことばっか考えてても、いつになっても記事は増えてくれません。

だから、まずは今書けることを1つ1つ書きながら考えていくしかないなって。そうやって手足を動かしていくしかないなって思います。

結局のところ、1つ1つ書いて形にしていくことでしか、先のことなんてわかんないんだろうなって。

今日は、そんな話…だと思います。(笑)

頭でグルグル考えて、方向性がわからなくなってる時は、とりあえず今書けるものを1つ1つ書いて、手足を動かしてみよう。

フルーツバスケットが気づかせてくれたこと。先を考えて不安になるよりも…

夜中に目が覚めて、テレビをつけてみたら、”フルーツバスケット”というアニメがやってたんですよ。

読んだことはないのですが…”フルーツバスケット”という漫画の存在は昔からずっと知っていて、『なんだか懐かしいな~』とテレビをつけっぱなしに…


ボーっとしていたら、”考えてもどうしようもない時には、考えなくていい”みたいな内容が聞こえてきました。


例えば、山のような洗濯物に囲まれていたとして…洗濯機がなくて、1枚1枚手で洗わなきゃいけない状況があったとする。

その時、きっと、途方に暮れるでしょう。

本当に、ぜんぶ洗濯できるかな?

キレイにできるのかな?

満足のいく結果を出せるのかな?

そうやって考えるほど、どんどん不安になっていく。

だけどそんな自分とは関係なく、時間は刻々と過ぎてしまうんですよね。


そんな時、まずは何をすべきなんだろう?

…とりあえず、足元にある洗濯物から少しずつ洗濯してみるといいかもしれないね。


たぶん、そんな内容の話をしていた気がします。

どんなことを、どんなふうに書きたいのか…ブログ全体のイメージができないときは、とりあえず今書けるものを1つ1つ書いて、イメージを膨らませてみよう。

考えても答えなんてわからないから、とりあえず1歩ずつ動いてみるしかない

その言葉を聞いた時、『あぁ、そうだよね』って。

ブログを書くね、書きたいことがいっぱいあったんですけど、『あれから書いたほうがいいのかな?』『こっちかな??』とか『本当に、これでいのかな?』なんて、余計なことをいっぱいいっぱい考えちゃうんですよね。

で、どんどん不安がやってきて、いろんなことを考えて…気づいた時には、何も書いていなくて、何の行動にも移せていないダメダメな自分だけがポツンとそこにいるんですよ。

『あれ? あの子も、ちょっと前までは私と同じ場所にいたのに、もう…』って。


他の誰かは、まだ先のことがわからなくて、たくさんの不安があったとしても、とにかく目の前にあった1つ1つをブログに書いてたんですよね。

あの人は、周囲の人の声とか世間体とか、他の角度からの見え方とか…そういうものを考えることがない人だったから、自分の考えだけを信じて発信できたのかもしれない。

まぁ、理由なんてどうでもいいんですけど…先のことを考えていたとしても、考えていなかったとしても、とにかく目の前にあるものに向き合ってきたから、今、それだけ大きなものを持ってるんですよね。


私は?

先の見えない状態で進むのが恐くて、『これで正しいのか?』『間違っていないのか?』って答えのないとこでグルグルグルグル考えてて。

『そうだ!』って閃いても、何かと理由をつけて動かなかったりしたんですよね。

結局のところ、きっとその答えは誰にわかるようなものではなくて。

もしも「私は、将来のことが見えるんだよ」って人が答えをもってきて、「それは失敗するから、やっちゃだめだよ」とか「私の言うとおりに書きなさい」なんて言われても、私はその言葉を信じることができないんだろうなって。


自分の答えは、自分にしかわからなくて。

『これをやってみたい』とワクワクしてしまった自分がいたなら、もう自分で形にして、それがどんな結果を生み出すかを確認する以外には、答えなんてないんだろうなって。

少なくとも私は、そういうやつなんだと思う。


今、『あれも』『これも』と書きたいことがたくさんあるのに、同時進行することもできなくて、『あれからやればいいのか』『これからやればいいのか』と迷って動けない自分がいる。

『あれからやるのがいい』も『これからやるのがいい』もなくて、ただ、今『書こう』とスイッチの入ったものを1つずつ書いていくしかないんだろうなって思う。

将来と今、どちらか一方ではなく両方のバランスが大事

以前はね、頭でばっか考えて、ぜんぜん動けなかったんですよね。

最近は、『本当に、これでいいのかな?』と不安に思うこともあるし、『何かが間違ってるっ気がするんだよな…』と動きが止まったり、ちょっと迷走することもあるけど、少しずつ進んでいたりします。

そして、自分が書いてきたものを見てると、『あぁ、そっか』って過去の自分に気づかされることが当たり、自分の作ってきたものが想像とは違う方向に膨らんでいたりして、『なんだかすごいな』と過去の自分に嫉妬することもあります。


きっとね、いくら先のことを考えても、本当はどうなっていくかなんて、やってみなきゃわかんないんですよね。

先のことを考えることも大事かもしれないけど…ちゃんと、目の前にある物を少しずつこなしていくことってすごく大事だなって。

だから今、私がすべきことは、頭で考えることではなく、1つずつ形にしていく作業だなって思いました。


「先のことを考えるのは大事かもしれないけど…目の前にあるものを1つ1つこなしていくことも大事だな」と言いましたけど、

もちろん、先のことを考えることも大事だと思っています。

目の前にある物に必死に向き合っていたら、いつの間にか自分のやりたい方向性とはかけ離れていて、取り返しのつかない状態になっていたり、心がボロボロになって動けなくなっちゃうこともありますもんね。

いや、もちろん、心がボロボロになった時に気づいて方向転換することもできるし、それが必要な経験だったりすることもあるので、それも間違いじゃないんですけど…

心がボロボロになって動けなくなっちゃう状態ってめちゃくちゃ辛いですからね…

できれば、そんな状態になる前に気づいて、軌道修正できるといいんじゃないかなって思うんですよ。

結局のところ、先のことを考えることと、目の前のことを1つ1つこなしていくこと。

どちらも大切で、どちらか一方じゃダメなんですよね。

だから、先のことを考えることと、目の前のことを1つ1つこなしていくことのバランスをうまく取れるようになるといいなって思います。


私は今、”先のことを考えること”の方が多くなって、うまくばらんすを 取れなくなっています。

だから、”目の前のことを1つ1つこなしていくこと”をして、バランスをとっていきたいのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA