アドセンス警告(ads.txtファイル)の対処法【ロリポップ・WordPress】

こんにちは、愛弓です。

先日、アドセンスの審査に通って、広告を貼れるようになりました~!

 

実際に広告を貼り始めたのですが…

アドセンスの管理画面に警告が出るようになりました。

要注意 – ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ解決してください。

 

『ads.txt ってなに?』と難しそうな気がしたのですが、結構簡単に対処できたので、メモしておこうと思います。

【この問題を今すぐ解決してください】と警告が出ると、めちゃくちゃ恐いし不安になる。

やっとアドセンスの審査に通って広告を設置できるようになった時、アドセンス管理画面で警告が出るようにありました。

要注意 – ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ解決してください。

 

『ちゃんとアドセンス貼れてるよね?』と不安が残る中、【この問題を今すぐ解決してください。】なんて書かれたら、めちゃくちゃ恐いし、不安ですよね。

『あぁ、ads.txtファイルね~』なんて簡単に理解できればいいですが、ads.txtファイルなんてちんぷんかんぷん。『あれ? 設定の仕方間違えてるのかな?』なんて不安にもなります。

でも、何かを間違えてるわけじゃないようなので、ひとまず深呼吸でもして落ち着きましょう。

 

アドセンス警告が出た時、『早く対処しなきゃ』と焦ったのは、『広告を止められたらどうしよう』と恐かったからです。

せっかくアドセンス審査に通ったのに、またやり直しなんて嫌ですよね。だから気持ちだけが焦りました。

でも、ads.txtファイルが含まれていないサイトがあったからって、すぐにアドセンスを止められてしまうわけじゃないようです。

 

実際にアドセンス広告で収益を得てる人でも、ads.txtファイルを設置していない人たちはいます。

以前はこの警告は出にくかったのですが…最近になってこの警告が出やすくなってるようです。

アドセンス初心者の時に警告が出てしまうと、ものすごく不安になります。…が、『操作に不安があるなら、まだ設置しなくても大丈夫です』というサイトも複数ありました。

なので、『ads.txtって、どんなメリットがあるのかな?』『自分にもできそうかな?』と落ち着いて考えてもいと思います。

私がads.txtを設置することにした理由。

ads.txtを設置すると、『本物のサイトですよ』と証明できる。

ブログの人気が出てくれば、『このブログの広告枠を買いたいな』と思ってくれる広告主さんが現れるかもしれません。

そんな時、偽サイトが『このブログの広告枠は、こちらで買えますよ~』と広告主さんを誘導して、別のサイトに連れて行ってしまうかもしれません。

でも、広告主さんには、それが偽サイトかがわかりにくいんですよね。

 

そこで、ads.txtを設置すると、『こちらが本物のサイトですよ』と証明することができる。

『公式サイトです』と目印をつけてるみたいですよね。

 

企業の公式サイトが『公式サイトです』と目印を付けたところで、ネット上にある他の情報に惑わされる人はいますよね。

同じように、ads.txtを設置して『こちらが本物のサイトですよ』と目印を付けたところで、偽サイトから完全に広告主さんを守ることはできません。偽サイトに誘導された広告主さんの中で、『あのブログは…』という嫌なイメージをぬぐうことはできないかもしれません。

それでも、ads.txtを使って『こちらが本物のサイトですよ』と証明することで、広告主さんが自分で判断しやすくなるんだと思います。

すべての責任を負うことができなくても、自分にできることはしたい。

例えば、道を誤りそうな友達がいたとして…その責任をすべて自分が負う必要なんてありません。それを選んだのは、その人自身だから。

だけど、『その人の自由だから』と、自分の感じてることを何も伝えないのもおかしいなと、私は思います。

 

「わたしは、こんな風に考えてるよ」

「『その道は間違ってるんじゃないかな?』ってわたしは不安に思うけど、大丈夫かな?」

自分の感じてることをちゃんと伝えることも大事だと思います。

 

もちろん、友達の人生だから、自分がコントロールすることじゃない。

それでも、友達が自分で判断できない状況にいるのなら、判断の基準になるものを伝えてあげるのも大事だなって。

友達や家族…身近になればなるほどに。

 

それと同じようなことで…。

自分のブログを読んで、興味を持ってくれた広告主さんに対しても、全責任を負うことはできないんですよね。

それでも、ads.txtを設置して『これが本物のサイトだよ』と目印をつけることはできるなって思います。

それがあることで、広告主さんにも判断基準ができるんですよね。

 

だったら、自分にできることはしておきたいなと。

そんな考えがあって、わたしはads.txtを設置することにしました。

『独自SSL化と似てるかもしれない』と感じた。

それにね、なんとなく『独自SSLの流れと似てるかもしれないな』って感じたんですよね。

独自SSLにすると、URLが【http://】から【https://】になって、「保護されていません」の表示が出なくなります。

独自SSL化すると、インターネット上での情報を暗号化して、第三者に情報を盗まれにくいように保護してくれます。

以前は、独自SSL化してるサイトなんて少なかったみたい。

でも、だんだんと独自SSL化が推奨されてるような雰囲気になって、独自SSL化されてないと「保護されてません」なんて書かれるようになって。

サイトへの訪問者のことを考えると、独自SSL化した方が安心感があるよねって思うんですよね。

独自SSLは、後回しにしないで、初期に設定した方がらくちん♪

ads.txtをわかりやすく解説してくれてたサイトの紹介。

私の考えたことを書いてきましたが…

ここからは、『ads.txtの説明や設定方法がわかりやすいな~』って感じたサイトを紹介していきます。

 

参考 【ロリポップ×ワードプレス】Google AdSense向けのads.txtを設置した話 あかえほ

このサイトのおすすめ理由

  • ads.txtの説明が、イラスト付きなのでわかりやすい!
  • ads.txtの設置方法が、丁寧に説明されてるので、初心者でもマネしやすいと思う。
  • ※ロリポップ使用の人向け。

 

このサイトに書いてある通りにads.txtの設置を試みたのですが…

DataSign FEでads.txtの設置が正しくできてるかを確認したところ、エラーが出てしまいました。

なので、その対処法についても紹介していきます。

DataSign FEでads.txtの設置ができなかったときの対処。

DataSign FEでads.txtの設置を確認したところ、次の表示が出てしまいました。

“ISO-8859-1″は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

 

ads.txtファイルを作成した時、文字コードはUTF-8になってたはずなのですが…なんど確認しても、ASCIIになってしまいました。

そこで、【.htaccess】のファイル上部に

<Files ads.txt>
AddType “text/plain; charset=utf-8” .txt
</Files>

と書き込み保存したところ、ads.txtの設置が正しくできてるのを確認できました。

翌日、アドセンスの管理画面も確認したところ、警告も消えていました。よかった~

 

ちなみに、ads.txtファイルの文字コードUTF-8対応については、こちらの記事を参考にさせてもらいました。

参考 Googleアドセンスでads.txtの警告が出たので対応した手順俺の開発研究所

ads.txtファイルの文字コードUTF-8対応については、どのサイトでも同じようなことが書かれていると感じました。コピペが多いのかな??

 

初めに使ったサイトでは、どこかが間違ってたようで…問題を解決することができませんでした。途中の文字配列が間違ってたんじゃないかと思います。

ちゃんと対処できることが確認できたので、ここに記載してみました。

最後に。

アドセンスの管理画面に警告が出た時はものすごく不安だったけど、急いでads.txtを設置しなくてもいいだと分かった時は、正直『めんどくさいな~』と思いました。

うまく設置できなくて、事態が悪化するのも恐かったし…。知らんぷりしようかとも思いました。

 

でも、あかえほさんで、わかりやすく解説してくれてたので、本当に助かりました。

それに、『難しそう…』と思ったけど、やってみたら意外と簡単にできました。よかった~

 

まぁ、やってもやらなくてもいことみたいですけど…

自分のブログを読んでくれてる人がいるなら、少しでも、その人たちのためにできることをしたいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA